読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事を辞めました

f:id:yanenouenomushi:20170405050735j:plain

 

3月末で退職した。

きっちり2年勤めた職場ではあったのだけれど、特に未練みたいなものは感じなかった。

それというのも、会社に行くのが苦痛だったからである。

職場の人間関係は良好であったし、待遇も同業他社に比べればかなりホワイトな部類に入っていたのだとは思う。

しかし、日中のほとんどの時間を、会議室やパソコンの前で過ごさなければならないことは、私にはあまりにもハードルが高すぎた。

外に出て、もっといろいろなものを見たり聞いたりしたい、せめてもっと風通しのいいところでできる仕事がしたいという欲求が、抑えきれないところまで膨らんでいたのだ。

閉塞感や単調さ以上に、このまま続けても自分の望む状況は得られないという事実も、私の心を重くした。

井伏鱒二山椒魚よろしく、安全な穴の中で大きくなったはいいけれど、結果的に穴から出られなくなってしまう未来に向かっていることを想像すると、生活の不安などは差し置いて一刻も早く逃げ出したいような焦燥感に駆られたのである。

 

で、辞めてどうするのかというと、それは目下のところ考え中である。

なんとも頼りない話だと思われるだろうが、自分でもそう思う。

将来的にどうしたいというビジョンはある。

猟師の仕事がしたいのだ。

このブログをある程度継続して読んでくれている人なら知っているだろうが、私は生き物が大好きである。

その延長で狩猟を始めたが、これが面白くて仕方がない。

今すぐは無理でも、ゆくゆくは狩猟を、あるいはもっと広く生き物を追いかけることを仕事にしたいと思う。

 

面白そうなものを見つけて、主に文章で人に伝えるのも好きだ。

どのみち猟で得た収入だけで生きて行くのは難しいだろうから、生活を支える柱がもうあと2,3本はほしい。

ものを書くという行為をそこへつなげていかれないだろうか、いつまで続くのかはわからないが、時間のあるうちにいろいろ模索してみたいと思う。

 

「好きなことを仕事にするのはやめたほうがいい」

という人がいるけれど、私はあれは間違いだと思う。間違いというか、少なくとも私にはそういう考えを実践するだけの堪え性は備わっていない。人生の時間のかなりの割合を、やりたくもないことで満たすなんて耐えられないではないか。

 

このブログを始めた頃には、自分がこんなに早く今の仕事に見切りをつけるとは思っていなかった。

インターネット越しに見える部分では具体的に何かが変わるというわけではないが、時間ができた分更新頻度は上がるかもしれない。

生き物が好きで猟師になりたい無職の生存報告でもある当ブログを温かく見守ってもらえると幸いである。