シーラカンスを描いた

f:id:yanenouenomushi:20180405001252j:plain

 

夜中でも部屋の中が暖かいのと眠れないのとで、なんの脈絡もなく描き始めたシーラカンスの絵がひとまず「完成かな?」と思えるところまで来た。気が向いたら背景を描き足すかも。

 

春眠不覚暁の派生型で、最近変な時間に寝てしまうことが多い。夜中に絵を描き始めたのも、夕食の後に横になって、ついそのまま寝てしまったからだ。

「あんた、先々月くらいには、冬は寒いから眠たくて困るとか言ってなかった?」と、鋭い読者に指摘されるかもしれないが、要するに私は寝るのが好きなのである。

寝るのが好きだというと、なんだか無気力な人間のように聞こえてしまって面白くないから、ここは少し積極性を加味して「睡眠が趣味だ」と言ってしまおう。そうすると、お金もかからないし体力も回復するし気持ちが良いしで、消費系の趣味としての睡眠はなかなか魅力的なように思えてくる。

「趣味らしい趣味がなくて...」とか「趣味を持つにはお金と時間が...」という人は、睡眠を趣味だと主張するようにしてみてはどうだろうか。今はまだ奇異に思われるかもしれないが、「ていねいな暮らし」というスローガンの下でトイレを綺麗にしたり冷蔵庫内の食品を整理する行為が休日の過ごし方としてもてはやされることもある昨今、娯楽としての睡眠が認知される日が遠からず来るはずだ。なにより、長生きできそうである。

 

 

 

twitter.com

代用チョコレートで春を祝う

f:id:yanenouenomushi:20180314185726j:plainたとえ義理であれ、くれたのが母親であれ、チョコレートをもらうとうれしい。甘いものは大好きだから、チョコレート以外のものでも頂ければもちろん大喜びだけれど、やはりチョコレートはなんだか特別なお菓子であるような気がする。人々が互いにチョコレートを送りあう風習の是非はさておき、バレンタインデーの贈り物に最初に目を着けたのがチョコレート業界ではなく、例えば甘納豆の業界だったとしたら、とっくの昔にこんな行事は自然消滅していたかもしれない。

時は第2次世界大戦の真っ只中、このまま戦争が激化してチョコレートが食べられなくなれば、国民の士気が低下してしまうのではないかと心配した人たちがいた。チョコレートは今も昔も人の心を湧き立たせる特別なお菓子で、にもかかわらず原料のカカオは100%輸入品だから戦争の影響をモロに受けるのだ。

そういう経緯で始まったのが代用チョコレートの研究だ。カカオを使わず、日本列島の中で自給できる作物を使ってチョコレートの代用品を作ることが目的だったらしい。カカオを使わずに、本当にあの味が出せるのだろうか?気になったので試してみることにした。

 

 

作り方を調べる

代用チョコレートについての記述は、ウィキペディアの「チョコレートの歴史」のページにも少しだけ載っている。

「日本チョコレート工業史」によると、1941年に日本チョコレート菓子工業組合と日本ココア豆加工組合からなる「ココア豆代用品研究会」により、ココアバターの代用品に醤油油(醤油の製造過程の副産物。丸大豆に含まれる油。よく誤解されるが醤油そのものではない)、大豆エチルエステル、椰子油、ヤブニッケイ油などの植物性油脂の硬化油、カカオマスの代用品に百合球根(ユリの鱗茎)、チューリップ球根、決明子(エビスグサの種子)、オクラ豆、脱脂大豆粉、脱脂落花生粉などを原料にした代用チョコレートが考案された。

ふむ......。

脂を絞ったあとの大豆や落花生に百合根にオクラ......ちょっとどんな味になるのか想像がつかない。こんな余り物みたいなものでチョコレートができるの?

それと、1941年といえばおそらく真珠湾攻撃でアメリカに戦争を仕掛けるよりも前のことなわけで、その時点で代用食が必要なくらい逼迫しているのが悲しい。

 

チョコレートの材料は、大きく分けてローストしたカカオ豆をすり潰したカカオマスと、カカオ豆から搾り取ったカカオバターという油脂だ。(図は、ものすごーく単純化している。本当はもっと複雑な工程を経ている)

f:id:yanenouenomushi:20180315161539j:plain

で、カカオマスカカオバターに、砂糖やミルクなんかを足して練り上げたものがチョコレートになる。代用チョコレートの代用材料たちも基本的にはこの「油と粉」の組み合わせをなぞっているようで、大きく分けてカカオバター(油脂)の代用品とカカオマス(粉)の代用品に分けられている。

 

代用チョコレートのおおよその輪郭はわかった。

しかしながら、材料の下処理とか、組み合わせとか、配合とか、まだまだわからないことが多すぎる。そこで原典を当たってみることにした。この「日本チョコレート工業史」という本には、ウィキペディアに引用されている以上の代用チョコレートの詳しい製法が載っているはずである。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306023926j:plain

「日本チョコレート工業史」は予想したとおり非常に希少な本らしく、家から離れたところにある私大の図書館まで出向く必要があった。受付で受け取った許可証で電子ロックを開錠して入った地下書庫の棚に、目的の本を見つけた。滅多に人の手に取られることもないのだろう。

 

f:id:yanenouenomushi:20180315164628j:plain

ぱっと見てチョコレートを連想する茶色い外装、そして表紙に覆われていない面は金色に染められている。とても手の込んだ美しい本だ。

この「チョコレート工業史」、ちょっと読んだだけでも執筆当時までの日本のチョコレート史を網羅したすごい本だということがわかる。

文明開化とともに日本に入ってきたチョコレートが、悪戦苦闘の結果国産化され、アメリカに輸出されるまでに至る。

「海越えて 褒められに行け 日本品」

というのが当時考え出された標語だ。

しかし、栄華は長く続かない。戦争によるカカオ輸入の途絶と敗戦によって、国産チョコレートは文字通り消滅する。戦後になっても、外貨の不足や生活必需品を優先する必要から、嗜好品であるチョコレートの復興は後回しにされた。ようやくカカオの輸入が再開されたのは、戦後5年たってからのことだったそうである。

話が脱線してしまった。国産チョコレート叙事詩の詳細が気になる人は、探して読んでみてほしい。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306025827j:plain

 さて、「日本チョコレート工業史」には期待したとおり代用チョコレート研究の詳細が載っていた。その研究報告の内容をもとに、代用チョコレートを現代によみがえらせてみた。一部まったく同じものを入手するのが困難で、似たもの(代用品の代用品!)に置き換えたりもしたが、大体似たような物が再現できたはずだ。

 

 

材料

まずカカオマスの代用品として検討されたものたちを紹介する。

  • 百合根
  • チューリップの球根
  • オクラの種
  • 脱脂大豆粉(大豆の油を絞った後の残りかす)
  • ケツメイシ(JPOPじゃないよ、マメ科の植物の名前)
  • チコリ
  • 菊芋
  • 蕃仔豆(主に台湾で収穫されていた小豆みたいな豆)
  • 大麦
  • 甘藷(またの名をサツマイモ)
  • 馬鈴薯(じゃがいも)

膨大な種類の食材を試して、最終的に「んー、これならチョコレートっぽくなくもないかな?」という感じで残ったのが、上気のリストのものだと思われる。ここまで選別するだけでも、その執着心に脱帽するしかない。ここからさらに「生産量は十分か」「他のもっと重要な用途に使われてないか」などといった条件でふるい落とした結果、最終的に最も良いとされたのが

 

f:id:yanenouenomushi:20180306022917j:plain

脱脂大豆粉、オクラの種、百合根の3つの混合した粉だ。名づけて代用チョコレート三銃士!

脱脂大豆は脱脂落花生、オクラの種はケツメイシ、百合根はチューリップの球根に置き換えることもできる。

「蕃仔豆が必須」などといわれたらどうしようかと思ったので、比較的現代でも入手しやすいものに落ち着いてくれたのでホッとした。

脱脂大豆粉は現代では人間向けの用途がほとんどないそうなのだが、「カブトムシやクワガタムシの幼虫を育てる土に添加すると幼虫のサイズが大きくなる」という触れ込みで販売されていた物を無事入手することができた。こんなところで虫に助けられるとは......。

 

粉が揃ったので次は油を見てみよう。カカオバター代用として検討されたのは

  • ラミオール(ライオン油脂株式会社の製品。醤油を作る過程で出る油を固めたもの)
  • 大豆油エチルエステルの硬化油(大豆油を固めたもの)
  • 椰子油脂肪酸のグリコールエステルの硬化油(椰子油を固めたもの)
  • イソカカオバター(これも椰子油から作られる)
  • ヤブニッケイ油(台湾や九州に自生するヤブニッケイの樹の実からとった油)

だ。さて、この中から栄えあるカカオバター代用品に選ばれたのは......なんと大豆油の硬化油!すごい、上のカカオマス代用品にも選ばれてるし、大豆ってひょっとしてカカオの親戚なのでは!?

大豆を褒め称えそうになるがここで少し落ち着かなければならない。実際にはカカオバター代用品は消去法で選ばれたようだ。大豆油を硬化したもの以外の候補は、いずれもブルーミング(チョコの表面に白い結晶が浮き出て味が大きく落ちる現象)が起きやすい、原料が十分に確保できない、技術的に大量生産できないといったどうしようもない欠点を抱えていた。取り立てて欠点がないという理由で大豆油が選ばれたのである。

さて、大豆油を代用に使うのはいいが、大豆油を硬化したものをどこで入手すればいいのだろう?通常、液体の油脂を硬化して融点を上げるためには、油脂の分子に水素を付加する処理が必要なのだが、自宅では難しい。

いろいろ調べた結果、同じ物を 用意するのは無理だという結論に至った。ではどうするか?

 

f:id:yanenouenomushi:20180306021511j:plain

じゃじゃーん!代役の代役を呼んでくればいいのだ!

マーガリンは植物油脂を硬化したものだ。そして、その中には(100%ではないが)大豆由来の油が含まれている。

役者は揃った。ガシガシと加工していこう。

 

 

作ってみる

まず、カカオマス代用品を焙煎・粉砕する。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306023113j:plain

脱脂大豆拡大之図。

青臭いような黄粉っぽいような匂いがする。細かいためそのまま焙煎すると炭になってしまう。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306022858j:plain

いったんミルで細かく砕いて、水で練って型に入れ適当な形に成型、乾燥させたものをオーブンで焼き固め、再度ミルで粉砕して粉にするという方法をチョイス。

めんどくさそうだと思った?正解。回りくどすぎて、途中で自分が何をやっているのかわからなくなることが何度もあった。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306022814j:plain

さながら脱脂大豆粉でできたジークフリート線だ!(わからない人は「竜の歯」で検索してみよう)

 

f:id:yanenouenomushi:20180306022738j:plain

180度で30分加熱したら少し焦げた。炭になったところを削り取って使うことに。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306022252j:plain

次はオクラの種だ。なんだかかわいらしいが、こいつもこんがりと焙煎する。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306021954j:plain

中華鍋で乾煎り。ジャラジャラいわせながら鍋を回していると、突然「パン!」という音がしてオクラ種たちが爆ぜ始めた。あわてて手で顔をガードする。種たちがポップオクラになりはじめたのだ!

 

f:id:yanenouenomushi:20180306022211j:plain

初めてのことには、予想しないトラブルがつき物だ。

ともかく、爆ぜるくらいなのだから十分焙煎できたのだろう。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306022521j:plain

最後は百合根。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306022055j:plain

ぶつ切りにして乾燥させたものを

 

f:id:yanenouenomushi:20180306022051j:plain

中華鍋で乾煎り。特に何もなし。手がかからないいい子だよ、百合根は。

 

焙煎した材料をミルで粉にして混ぜる。研究報告によると、脱脂大豆粉:百合根:オクラの種がそれぞれ「50%、30%、20%」または「40%、30%、30%」になるように混ぜ合わせると「最もチョコレートらしい感じ」になるらしい。

f:id:yanenouenomushi:20180306021300j:plain

脱脂大豆粉

 

f:id:yanenouenomushi:20180306021417j:plain

百合根粉

 

f:id:yanenouenomushi:20180306021440j:plain

オクラの種粉......一番チョコレートっぽい色だ。

粉全部で50g、これに対し代用カカオバター100g、粉砂糖64gを使う。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306021117j:plain

これ1本で100g。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306021100j:plain

湯煎で融かして

 

f:id:yanenouenomushi:20180306020441j:plain

代用カカオマス

 

f:id:yanenouenomushi:20180306020439j:plain

粉砂糖を入れ

 

f:id:yanenouenomushi:20180306020232j:plain

とにかく練る。とことん練る。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306020401j:plain

練る...。1時間くらい練ったかな?湯から引き上げると、徐々に温度が下がってまとまりが出てくる。

練る時間が長ければ長いほど滑らかな口解けになるとかならないとか言うけれど、人力でできる範囲でははそんなに違いが出ないんじゃないだろうかという気がする。市販品は機械の力で超長時間(昼夜ぶっつづけで丸3日とか、そんなレベル)練るらしいので、そもそも比較してはいけない。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306020041j:plain

タッパーに入れる。こしあんのような質感だ。

 

f:id:yanenouenomushi:20180306020152j:plain

冷蔵庫で冷やして固める。

本物のチョコレートを固める際は、人の舌がもっとも美味しいと感じる状態に油脂の結晶をそろえる「テンパリング」という複雑な温度操作が必要なのだが、代用品にはそのようなデリケートな扱いは必要ない。

 

f:id:yanenouenomushi:20180314185405j:plain

十分に冷え固まったら型から抜いてやる。

型の抜け具合は思いのほか素直で、まな板の上に逆さにバンと打ちつけたらば、ああ、縁が丸いせいで若干カレールウっぽい、されどつやつやとしたそのチョコレート色、いっぱしのものがきちんと出来上がったじゃないか!

 

 

食べてみる

f:id:yanenouenomushi:20180314185805j:plain

河原に来た。春なので。

 

f:id:yanenouenomushi:20180314185726j:plain

 代用品といえど、綺麗に盛ってやれば黒糖なんかを使った高級な菓子に見えなくもない。

 

f:id:yanenouenomushi:20180314185402j:plain

断面がざらついている。日の下で見た瞬間から気づいていたが、あまりチョコレートには見えない。

さらに言うと、あまりゆっくり観察している時間もないのだ。代用カカオバターはそれすなわちケーキ用マーガリンであり、普通のチョコレートに比べて融点が低い。もたもたしていたら、雪のように春の陽気に融かされてしまうだろう。(ここまで持ってくるのには保冷剤を使った)

 

f:id:yanenouenomushi:20180314190341j:plain

食べた。なんかモソモソする。

不味くはない。少々黄な粉っぽさが前面に出すぎているが、香ばしい良い匂いだ。百合根由来の芳香も一役買っているのかもしれない。

次に味だが、甘味は当然として、チョコレートの苦味も、まあそれなりに再現されている。

問題は、食感の悪さだ。ネコの舌のようにざらざらな断面は、口の中でも見た目通りの振る舞いをした。家庭用ミルでは破砕に限界があったか、はたまた練りが足りなかったのか。融け方も、ねっとりとしたチョコレートのそれではなく、体温に触れた途端に液化して流れ去ってしまうような情緒のないものだ。これは油脂の性質の問題だろう。油脂が融けた後には一層強いザラザラ感が残るので、ちぐはぐな口当たりになってしまっている。

ここで少し擁護しておくと、ざらざらモソモソとした食感自体は嫌いではないのだ。しかし口に入れた瞬間からすうっと融けて味と香りが口内に広がっていく、チョコレートを食べたときのあの幸福感の代わりにはならないと思った。

時間がたって固くなった黄な粉餅にココアパウダーを掛けて食べたら、こんな感じになりそうである。

 

f:id:yanenouenomushi:20180314185429j:plain

代用品は、めちゃくちゃ砕けやすい。

 

f:id:yanenouenomushi:20180314185349j:plain

「帰ろう」といって皿や膝に散った代用チョコレートを払ったところ、バサバサバサ!という羽音とともに大勢の鳩が寄って来て地面をつつき始めた。

「やっぱお前、豆だろう」

本性を見た気がした。 

 

 

まとめ

半ば予想はしていたことだけれど、代用チョコレートにチョコレートの代役を務めさせるのは厳しいという結果になった。食感の違いがどうしようもないほど大きいのだ。

当時の研究者たちもそのことを自覚していたようで、「代用チョコレートは被覆チョコレート(他の食べ物の表面をコーティングするのに使うやつ)として使うべし」とか、油脂の性質からくる口溶けの悪さについては「代用油脂を制するものは代用チョコレートを制す」などという言葉を残している。

製粉や練りに業務用のものを使えば、もう少し滑らかな食感になるのかもしれない。どこかの大資本が試してくれないだろうか?そうしてできたものはカフェインレスチョコレートとして売り出すのだ。

 

f:id:yanenouenomushi:20180315163932j:plain

お口直しの蒲田君チョコレートに代用チョコレートのビームを撃たせてみた。並べてみてから、蒲田君は口からビームなど撃たないことを思い出した。蒲田君チョコレートは、代用品と比べ物にならないくらい美味しかった。

 

 

 

twitter.com

マガモ狩りの顛末

狩猟をするようになって初めて、マガモを獲ることができた。先月のことだ。

川に浮かんでいたところを空気銃でポンと撃って、絶命したところを回収した...流れとしてはそれだけだと言いたいのだが、今回は少し骨が折れた。

弾が当たっても絶命しなかったのだ。

一般的に、空気銃でカモを撃つときは頭を狙うべしと言われている。カモの体はプリプリと脂がのっている上に肉が厚いので、尻や胸に当たったくらいでは致命傷を与えることができず手負いで逃がしてしまいかねない(半矢という)。その点、頭に被弾させれば一撃で確実に仕留めることができるというのがその理由だ。

理屈ではその通りと思いつつ、私はなかなか頭を狙う気にはなれない。頭を狙うなんて残酷だ可哀想だとか、そんな理由ではない。可哀想と言うなら、中途半端に傷だけ負わせて野に放つ方がよほど後味が悪いと思う。

頭を狙いたくないのは、第一に獲物に目立つ傷をつけたくないからだ。カモ類は美しい。間近で見れば目を見張るほど、ほんとうに綺麗だ。そしてそんなにたくさんは獲れない。だから、たまに獲れた獲物の肉は食べてしまうにしても、骨格標本なり頭部や翼の剥製なりを作りたいのである。そのとき頭に穴が開いていては標本としては最初から二級品になってしまう。

次に、こっちの方がメインの理由だけれど、頭は小さいので命中させる自信がない。胴体に当たっても半矢で逃げられるかもしれないといいつつも、そもそも弾が当たらなければ元も子もないじゃないか。

 

f:id:yanenouenomushi:20180206162024j:plain

そんなわけで、川で見つけたマガモを興奮しながら照準器で捉えたまではいいものの、どこを狙うかなかなか決心がつかなかった。

余談だが、マガモは雌雄のペアで行動することが多い。私が出会ったマガモもその例に漏れず夫婦で川を泳いでいたのだが、私は迷わず雄の方を狙うことにした。マガモの雄は頭部に美しい緑色の毛が生えていて(なので「アオクビ」と呼ばれることもある)、ぜひ間近で見てみたかったのだ。

で、照準器の十字線をその雄のマガモの頭にやってみたり、胸に合わせてみたりしながら「半屋で逃げたら悔しいだろうなあ、でも頭に当たるかはわからないし、当たったら当たったで綺麗な顔が台無しだよなあ」などなど。1分くらいは考えていたんじゃないだろうか。マガモもよく逃げなかったものだ。散々迷った挙句、胴体の方を狙うことにした。

距離は30mくらい離れているだろうか。マガモは当然動いているとはいえ、 胴体を狙えば外すことはない。バシュッという発射音に続いて、弾丸が弾性のある塊に命中するパキョ!という音が響く。「当たった!」ひとまず安堵する。空気銃を下ろして肉眼で見ると、翼に被弾したのか水面でワタワタともがいている雄の方を気にかけながら、雌が未練がましい飛び方で逃げるところだった。

「未亡人になった雌はどうするのだろう?」持ち上がってくる余計な疑問を振り払う。そんなことを考えている暇はない。マガモは、自分が飛べなくなったことを悟るや水面を滑るように全力で川を下り始めた。急ぎ靴と靴下を脱いで川に入り、追いかける。川底の石や真冬の水温で一歩進むごとに足がジンジンと痛む。しかしそんなことは気にしていられない。ここで逃げ切られてしまっては意味がないのだ。

100mくらい追いかけただろうか。足の感覚が曖昧になってきたが、マガモとの距離はなかなか縮まらない。だんだん焦りを感じ始める。さっさと2発目を打ち込んでおけばよかったと思うのだけれど、今更肩の銃を下ろして狙うことはできない。そんなことをしている間に、マガモは遥か下流に行ってしまうだろう。

さらに50mほど追いかけたところで、ジビエの神が私の苦労を認めてくれたのか、奇跡が起こった。膝まで浸かる水の冷たさに耐えがたくなってきた時、なんとマガモの方が先に音を上げたのだ。痛みに耐えかねたのかどうかは知らないが、彼は川の脇に流木が引っかかってできた薮に身を潜め、こちらをやり過ごそうとした。それが上の写真である。きゅうっと縮こまっている姿はなんだか可愛らしいけれど、残念ながら薮に入るところを見られていた上に、真っ黄色なくちばしがどうしようもないくらい目立っている。

 

f:id:yanenouenomushi:20180206144552j:plain

自分から袋小路に入った彼を両手で鷲掴みにして捕まえた。「綺麗だな」という言葉が思わず口から漏れた。もっと地味な色だったら、あるいは途中で見失なってしまっていたかもしれない。

もとの川岸まで戻ってからも、嬉しさと寒さで体の震えが治らなかった。こんなに、心の底からの喜びを感じられるんだから、寒い中何時間も粘ろうが膝までずぶ濡れになろうが安いものだ。

 

f:id:yanenouenomushi:20180206144521j:plain

頭の緑も、羽の青もほんとうに綺麗。

 

f:id:yanenouenomushi:20180206142534j:plain

家に帰って羽を毟ったところ。

翼と頭部は剥製にすることにした。

 

f:id:yanenouenomushi:20180206142607j:plain

これは砂肝。

鴨の砂肝は体のサイズの割にめちゃくちゃ大きい。

 

f:id:yanenouenomushi:20180206142611j:plain

肉は鴨鍋にして食べた。薄切りにした鴨肉を鍋の中でひらひらと踊らせ、変わったところで引き上げて食べる。火を通し過ぎると硬くなるので、中心部までほんのり温かくなったところで引き上げることが大切だ。味が濃くてジューシーで、ほんとうに、今まで食べたどんな鴨肉よりも美味しかった。

苦労して捕獲したけれど、3人で鴨鍋を囲んだらあっという間になくなってしまった。鴨は正真正銘のご馳走だと思った。

 

 

 

twitter.com

鹿の足、猪の足、人の足

f:id:yanenouenomushi:20161207065857j:plain

鹿の足

 

f:id:yanenouenomushi:20161220214143j:plain

猪の足

 

f:id:yanenouenomushi:20180128003717j:plain

人の足

人の足は柔らかくて寒さにも弱いから、獣の足の足元にも及ばない(足だけに)

 

 

 

twitter.com

新春初笑いと杏仁豆腐

f:id:yanenouenomushi:20180117235039j:plain

正月を、NHKの「落語 THE MOVIE」の再放送を一気見して過ごしたところ、まんまと落語見たさにいてもたってもいられなくなってしまった。

そんなわけで、初笑いがてらに大阪は天満天神の繁昌亭にいってきた。

 

f:id:yanenouenomushi:20180117234948j:plain

平日昼間でしかも雨が降っているにも関わらず、受け付け時間前から行列ができていた。落語業界、案外安泰なのかもしれない。

入場待ちをしているあいだ暇なのであたりを見ていたのだが、郵便箱からしてこのような凝ったデザインだ。実はこの黒い箱が郵便箱であると気づいたのは、帰宅して写真を見返してからで、その場にいたときは違和感がなさ過ぎて気にもとめていなかった。

代わりに目を惹いたのが隣に置かれた看板だ。見ての通り出演者が列挙されているのだが、相撲の番付表とはまた少し違う字体が使われている。これも専属の職人が書いているのだろうか。トリ(調べたらこれももともとは寄席用語らしい)を勤める桂九雀先生だけ余白が多めに取られているのも、これが正式なやり方なのか、それともスペースが余ったから機転を利かせてそうしたのか気になるところである。

そうこうしているうちに開演時間だ。入り口の脇でドンドンと小太鼓が鳴らされるのにあわせて人が吸い込まれていく。自由席なので、良い席を確保しようと私も慌てて中に入る。

 

f:id:yanenouenomushi:20180117234702j:plain

緞帳の下りた舞台はこんな感じ。

 

f:id:yanenouenomushi:20180117234746j:plain

天井にはものすごい数の提灯が並べられていて壮観だった。このビジュアル、変なものに例えて申し訳ないのだが、タガメの卵みたいである。タガメの卵がどんなものか知らない人は検索してみてほしい。

さて、幕が上がって噺が始まるのだが、噺家さんの写真は撮ってはいけないし、演目の内容を書いてしまうのもやめておく。ただどの話も本当にうまく組み立てられていて、受験シーズン真っ只中なのにこんなに綺麗にオチがついちゃっていいのかしらとはらはらするほどだった。

立て板に水の話し方も、聞いていてとても気持ちよかった。そう、話を聞くのが気持ちいいのだ。言いたいことが要領を得ず、そのくせやたら時間ばかりかかるお話は聞いていて苛立つか眠くなるかの二択だが、落語家の喋りはその対極にある。基本的には早口で話しているにも関わらず、耳から入ってきた言葉が頭の中でスルスルと映像に変換されていく、その遅滞のなさが快感なんだと思う。落語はオチがわかっていても面白いと誰かが言ったが、さもありなん。

わかっている。ここでいろいろ書いて説明しても、この素晴らしさはなかなか伝わらないだろう。私が言いたいのは、少しでも興味を持った人はとにかく一度寄席に行ってみてくれ!ということだ。本当に面白いから。

 

f:id:yanenouenomushi:20180117234655j:plain

頭を使っておなかが減ったので、繁昌亭の目と鼻の先にあるアジアン食亭 小施哥哥(シャオスークーク)というお店で麻婆豆腐とニラの餃子と杏仁豆腐を食べた。どれも美味しかったのだが、中でも上海生まれの店主が何時間もかけて自作しているという杏仁豆腐は、トゥルンとした滑らかな食感と杏仁の良い香りが絶品だった。

「また来ますね」と店主に言って店を出た後、日本語の流暢な店主は落語をもう聞いてみただろうかと気になった。 日本語検定一級のリスニング試験には、落語の聞き取りが出題されるらしいのだが...(嘘です)

 

 

 

twitter.com

いつか「美味しんぼ」で読んだベーコン鍋を作った

f:id:yanenouenomushi:20180116025515j:plain

f:id:yanenouenomushi:20180116025540j:plain

鹿の肉でベーコンを作ったはいいけれど、焼いたりパスタに入れて食べるばかりでは飽きてくる。なにか目新しい食べ方はないかしらと考えていて思い出したのが、大昔に漫画の「美味しんぼ」で読んだベーコン鍋だ。

手元に本がないので検索してみたら、ああやっぱり、レシピを再現してくれている人がたくさんいた。

作り方はいたって簡単。

1. 大きめにきったジャガイモとタマネギを鶏がらスープで煮る

2. 火が通ったら、白菜と薄く切ったベーコンを入れる

3. これにも火が通ったら、塩で味付けし胡椒を振る

以上だ。

気になる味は、鍋全体を包み込む燻製の良い香りがすばらしい。

誰かは言った。「燻製(ベーコンとかソーセージとか)は洋風鰹節である」と。

塩辛くなると嫌でベーコンは控えめな量を投入したのだが、にも関わらず十分すぎるほどの旨味が出ているのには驚いた。鹿肉の脂は融点が高く固まりやすいので熱々のまま食べるのがいいのだけれど、その点でもうってつけな調理法だと思った。

美味しんぼ」に登場するものの中ではどちらかというと端役に位置するこの料理を思い出し、しかもわざわざ作る気になったのは、自分で料理し始める前に「美味しんぼ」全巻を読破したせいで、料理を考える際に脳内の美味しんぼアーカイブをさらってみる癖が付いているからだと思う。あの漫画は毎回似たような展開の話が続くにも関わらず飽きずに読めるし、いまだに印象に残っている場面も多い。なんだかんだ言われているがやはり名作なのだと思う。

 

 

 twitter.com

2017年最後の鹿料理は鹿肉プロフでした

f:id:yanenouenomushi:20180101125013j:plain

3日前のこと。

大掃除をしていたら、夏に神戸のエスニック食材店で買ったバスマティライスが出てきた。インドカレーを自宅で作ろうと思ってスパイスを買いにいったのだが、たまたま入った店がその月末で閉店するということでセール価格になっていたので、調子に乗って一緒に購入したものである。

 

炎天下を歩き続けてたどり着いた店がセールをしていたので、私はタイミングの良さにに小躍りした。しんどい思いをして買いに来てよかったと思った。しかし買い物をはじめてものの数分で、喜びは落胆に変転することになる。

しょーもない店に入ってしまったからではない。逆だ。店の品揃えが素晴らしく、値段設定も(値引きされた分を除いても)かなり良心的であったからだ。

こんな素晴らしい店がなくなってしまうなんて悲しかったし、閉店するならするでもっと早く存在に気づいていればと悔やまれた。とはいえ、残念がってもどうにもならないので、せめて気になったものをポンポンと買い物籠に放り込んで在庫の現金化に協力することにした。

レジでは、女店主が常連らしい外国人と会話していた。

外国人客「店を閉めたら○○(おそらく東南アジアの地名)の家に住むの?」

店主「あそこはトッケイヤモリがたくさん出るからなあ...」

え、トッケイヤモリがたくさん出る家?めっちゃいいじゃん可愛いし、あでも不潔なのかなあ。たくさんものを買った勢いでいろいろ聞きそうになったが、なんとか口にした言葉は「とてもいい店ですねなくなるなんて残念です」という当たり障りのないものだった。

 

で、そんな風にして買ったバスマティライスで、鹿肉を使ったプロフを作ろうと思い立った。プロフはクミンで味付けされた中央アジアの炊き込みご飯のような料理で、よくわからないがパラパラとしたバスマティライスの食感に合う料理法のように思ったからだ。

結果は大当たりで、淡白な鹿肉を豊富な食用油(油をケチらないことがこの料理のコツだそうである)が包み込んでくれてしっとりとしている。コメは狙い通りパラパラとしていて、噛み応えのある鹿肉をのせて流れる川のようにとめどなく口に入ってくる。2017年はいろいろな鹿肉料理を試してみたけれど、エスニック料理との相性はかなり良いようだ。

 

最後になったけれど今年もよろしくお願いします。

店はとっくになくなっているはずだが、あの店主はどこで新年を迎えただろうか。

 

【参考サイト】

 

 

 

twitter.com